八幡西区の交通事故治療

八幡西区の交通事故保険治療 交通事故治療|骨には異常はないが痛みがある 交通事故治療|事故後数日経過してから痛みが出た 交通事故治療|助手席・後部座席に乗っていた方 交通事故治療|病院から転院を考えている方 交通事故治療|過失割合が多い方、自損事故の方

事故のケガを放置したり適切な処置をしないとどうなるの?

例えばむち打ち症は病院では頚椎捻挫と診断されますが、軽い症状として扱われることがよくあります。 しかし、適切な処置をせず症状を放置しておくと、痛みが慢性的になったり、重い後遺症が残ることがあります。 その後の人生で辛い思いをしないためにも、早い段階から処置をする必要があります。 大丈夫だろうと考えて放っておかずに、早めの治療をお勧めします。

 

どんな治療をするの?

一般的には、痛み止めや湿布を処方する対症療法的な治療がほどんどです。しかし、それでは根本治療にはつながりません。大切なのは体のバランスを適正に戻す事、そして再発しない体づくりをする事です。

千代整骨院では、受傷直後は痛みのある箇所に負担がかからないように特別な電圧機器を用います。スポーツの世界でも多く利用されているもので、安心して治療を受けていただけます。

受傷直後の処置次第で、その後の回復経過が大きく変わるので、できるだけ早い受診をお勧めします。
特に痛みを早期に回復したい方には受けていただきたい施術です。
治療をするのが早ければ早いほど、回復も早まります。早く治したい方、後遺症を残したくない方は、是非当院にご相談ください。

 

 
骨に異常はないが痛みがある方

湿布や痛み止めでなかなか改善されないという方や他院では改善されないという方、是非当院へおこしください!

交通事故の8割は追突事故と言われており、その追突事故によるケガで一番多いのは頚椎捻挫=「むち打ち」です。
むち打ちは追突などの衝撃が加わった際に首がむちのようにしなり、首回りの筋肉・神経・靭帯・関節を痛めてしまいます。
むち打ちはレントゲンやMRI・CTに写らないケガです。
筋肉や腱、靭帯はまとめて軟部組織といい、ムチ打ちの多くはこの軟部組織損傷であると言われています。

交通事故の衝撃は思った以上に負担が加わります。

そして捻挫の状態になって熱を持ち、その熱が神経を伝い、頭痛・めまい・しびれなどを発生させ、だるさや不快感をさらに与える原因となってしまします。
ですが、このむち打ちはレントゲンでは分からないケースが多々有ります。

 

 
事故をして数日後に痛みが出た方

むち打ち(ムチ打ち・ムチウチ)の痛みは事故当日に出るとは限りません。

事故直後は突然のことで気が動転したり興奮したりしてしまい、車のことや事故そのものに心が奪われがちで、気持ちが落ち着いてきた頃に、痛みや不調などを自覚することも多々有ります。

八幡西区の交通事故保険治療。ムチウチ、ムチ打ち、むち打ち実際、当院にも「事故当日は体のどこを動かしても痛くなかったのに、翌朝からあちこちが痛い・・・」と言われる方がいます。当院に来院された方の大半は2、3日後に体の異変を感じる方が多くおられました。そこで、的確な説明ができないと今後の治り方に差が出ているというデータもあります。

ですから、交通事故にあった場合、すぐに病院で精密検査を行うことをお勧めします。

そして骨や脳に異常がないのに、体に違和感や重い感覚があるという場合には、当院へご相談いただければと思います。

数年後、「寒い日は関節が痛んで辛い・・・。あの時ちゃんと対応していれば・・・」と後悔しないためにも、今できることを最大限しておきましょう!

 

 
助手席・後部座席に乗っていた方

「どこに乗っていても治療は受けられます!!」

交通事故むち打ち八幡西区交通事故の保険の補償を受けられるのは、運転手のみではありません。まれに相談されますが搭乗されていた車の任意保険が適応されたり、相手の任意保険が適応になったりと過失割合いによって保証の範囲は異なります。

もちろん、その交通事故によってケガをされた方が対象となり、どの座席に乗っていても補償を受けられます。

分からないことはご相談いただければと思います。

何かわからないことがあればご相談ください。

 

 
病院に通院しても痛みが続く方

「整形外科やクリニックと併用して当院に通院できます!!」

現在、整形外科やクリニックに通院しているが湿布や電気のみで、痛みが引かないという方もおられますが、
当院では手での施術、最新治療器での施術を提案させていただいていますう。
今、整形外科やクリニックと併用されて通院されている方も多くおられます。

保険会社さんに併用する旨を伝えていただければ安心して整骨院にも通院できると思います。

 

 
過失割合が多い方、自損事故を起こしてしまった方

保険会社さんから「保険証を使って通院してください」と言われたが医療機関に断られた・・・→当院で受診できます!!

まず、交通事故では、お怪我をされた方を被害者と言い、お怪我をされていない方を加害者と言います。
お互いに過失があれば、お互いが被害者にも、加害者にもなり得るため、過失割合が多くても遠慮せずにしっかりと治療を受けましょう。

 

八幡西区の千代整骨院で交通事故治療交通事故のことなら八幡西区の千代整骨院へ

 

交通事故治療 Q&A
Q 現在病院に通院中なのですが、転院は可能ですか?

A 交通事故の場合、病院・整骨院等の受診選択は被害者の意思で自由に決められます。ですから、現在病院へ通っておられる方も、整骨院へ通っておられる方も当院への転院は可能です。
もちろん保険会社の担当者への連絡は必要ですが、手続き等も含め丁寧にわかりやすくご説明致します。まずはお気軽にご相談ください。

Q 通院したくても受付時間に間に合いません。

A ご安心ください。
特に交通事故の患者様は通院による仕事上の影響、体の不調など様々な負担を強いられています。
当院ではそのような事情を十分に考慮し、患者様のご要望におこたえできるよう時間外でも対応させていただいております。受付終了時刻の午後9時を過ぎていても大丈夫ですのでお気軽にご相談ください。

ページ最上部メニューへ